人にあげるプレゼントを選ぶ時、
自分のじゃないからから、何でもいいや!
って適当に選ぶ人もいるかもしれないけど、
どうせあげるのなら、絶対に喜んでもらいたいですね。

それに、贈り物をするときは、
その人のセンスが問われると思うのです。
だから、変なものはあげられない。

オシャレな人からもらうプレゼントは、
とってもオシャレだなぁって思います。
やっぱりこの人だ!って。

それから、どれだけその人のことを考えて買ったかとか、
分かると思います。
気のきいたプレゼントだと、心があったかくなります。

以前、結婚した友達に、旦那さんとお揃いの、
ペアのお弁当箱をあげたことがあります。
その時、友達に言われた言葉が、
「心のこもった、プレゼントありがとう。
心のあったかさを感じたよ!」
って言われて、嬉しくなりました。

そうやって言われると、次に誰かにあげるプレゼントも、
一生懸命えらばなきゃなぁって思います。

でも、忙しくて選んでる時間が無かったり、
なにをあげたらいいのかさっぱり分からなくなった時などは、
カタログギフトという便利な手段を選ぶこともありますよ。

ここのところ冬らしい気温になってきましたね。
寒いです。
10月が比較的暖かかったので余計に寒さが応えます。

流石にこんなに寒いと暖かいお鍋などが食べたくなりますよね。
寄せ鍋にちゃんこ鍋、水炊きやモツ鍋それに変わったところではトマト鍋など
いろんな種類の鍋物がありますよね。

鍋物っていいですよね。
色んな野菜や食材が食べれるし
身体にも良さそうじゃないですか。
それに鍋料理って温まりますよね。

そういえば、我が家で使っている鍋セットは
カタログギフトで選んだものなんですよ。
土鍋・カセットコンロ・鍋の器セットなど
別々のカタログギフトで取りました。
そのうち、鍋の材料もカタログギフトでとったりして
「今日の晩御飯はカタログギフトご飯よ!!」なんてね(笑)

ありえないことではないかも知れないですよね。
今のカタログギフトの内容って
凄く充実しているので、何を選ぼうか迷ってしまう事もあるしね。

カタログギフトって結婚式の引き出物でもらったりするじゃないですか。
つい最近いった友人の結婚式でも引き出物がカタログギフトだったんですけど
よくみるものとは違ったタイプのものだったんですね。

なんか表紙部分は写真立てみたいな感じになってて
新郎新婦の写真が入ってたんですよ。
中も商品説明のカードが収納されたミニアルバムみたいになってて。
説明書をみたら「使用後は写真立てやアルバムとして使えます」と書いてありました。
なるほど、ただカタログだけだと
使い終わったら捨てるのが手間だったりしますよね。
どうしても雑誌回収の時にしかだせなくなっちゃいますし。
その点このタイプのカタログギフトだったら
サイズもコンパクトな上に、そのあと写真立てやアルバムとして使えるのがいいなと思いました。
せっかくなので結婚式の日に撮った写真をいれるアルバムにしようかと思っています。
カタログギフトも進化しているんですね。

お取り寄せのリピーターって多いですよね。
リピートするきっかけはネットで自分で選んで買った人も多いそうですが、人から頂いたりおすそ分けをしてもらって凄く気に行ってリピートする人が多いんだそうですよ。

カタログギフト等の商品は大体ネットで売ってますから、見つけやすいですよね。
それに、ネットだとちょっとお安くなるのがいいんですよね。

正直、カタログギフトの商品は高めだと思うんですけど、カタログギフトの作っている会社によって違うんだそうですよ。
作っているときに、写真がきれいなカタログを作っているところだと、なかなか高い気がします。
それにキャッチコピーとか気合が入っていますよね。
それも込みのお値段なんでしょうけどね。

中には凄くカタログギフトの値段がぼっているところもあるようですけど、ここのカタログギフトは凄く良心的な感じです。
商品の量も多いですし、選びがいがあるのも良いですよね。

素敵なカタログを貰ったら、できるだけそれを味わいたいです。

いいものを交換してリピーターになる位のものを見つけたいなぁと思ってしまいます。

以前テレビで、簡単にTシャツをたためるというアイデアグッズを
見たことがあったのですが、そのYシャツタイプも最近出ているようです。

原理はTシャツをたたむタイプと全く同じ。
シャツを大きな風呂敷のようなものの上に乗せて、
手順にそって風呂敷と一緒にシャツをたたんでいくだけ。
あっという間に洋服屋さんに陳列されているかのような、
きれいに折りたたまれたシャツができあがり(^^♪という感じです。

そのYシャツたたみのアイデアグッズ、スマートシャツケースが
リンベルのカタログギフトの中にあって。
いいなあと思っていたところです。

Yシャツって、意外とたたむのむずかしくないですか?
Tシャツもそうなんですけど、折り紙のように端と端がしっかり
折り合わさらないのです。
どうしても背中のフレアになっているところが邪魔で、
ぴっちり折ったつもりが、折った中の部分でしわしわになっているのです。
でもこのスマートシャツケースなら、簡単にきれいに折りたためそう。

そういえばこの服を「たたむ」という言葉。
地方によっても、言い方がちがうのだそうです。
関西に住んでいる友人は「たとむ」っていうみたいなんです。
この前「たとんでー」と言われて、「たとん?」と不思議になりました。

こちらもびっくりですが、友人も方言だとは知らなかった様子。
「捨てる」「ほる」問題に続き、「たたむ」「たとむ」問題も勃発です。
それぞれ住んでいる地域で微妙にニュアンスが違う言葉って、
いろいろあるんですね。
掘り起こせば、もっといろんな地方の違いが出てきそうです。
おもしろいですね。

仏教の場合、人が亡くなると7週間の間、7日ごとに供養する法事という行事を行い
故人の冥福を祈る儀式を行う事が決められています。

法事には、初七日・7回目の四十九日・一年後の一周忌と
大きな区切りの時に法事を行っています。

初七日は、葬儀の日や納骨の時に行う事が一般的になってきました。
四十九日の法要は、満中陰とも言われており、とても重要な法事で
親戚や親しい知人などを招いてお坊さんに読経してもらい、
その後に食事会などを開きます。

一周忌で、納骨する人も多いですが、一周忌でも親戚や知人などを招きます。

法事に招いた人には、引き出物を贈るのがマナーとなりますが
一世帯で1個の品物を用意し、法事の引き出物は派手にならない
物が理想と言われています。

品物選びに迷う人も多く、カタログギフトを利用する人も大勢います。

カタログギフトは、目的に合わせた種類のギフトを選ぶことが出来ますので、
法事に適したカタログギフトを贈る事が出来ますので、
贈る方も貰う方にとっても最適な品物と言えると思います。

のしや包装、満中陰志挨拶状もきちんとしていますので、利用しやすく
サービスなども多いので多くの人が利用しています。

マナーなどが分からない場合でも、きちんとのしや包装などもして
貰えるので非常に便利です。

第二希望

カタログギフトの有効期限が切れてしまったけど、一応会社の方へと問い合わせをしてそのカタログの商品を注文できるかどうか聞く事が出来ます。

その場合にもしもギフト会社の方から注文が出来るといわれても、その商品が取り扱いの無いものになっている場合もないとは言い切れません。

ですから、本来であれば有効期限などを破らないようにするのが一番なのですが、もしも破ってしまった場合には一応ギフト会社に連絡をしてみましょう。

もしも希望の商品が取り扱いのないものになっていたとしても、第二希望のものなどで探してくれるという場合もありますので。

もう古いし有効期限も過ぎているからといって、それを無駄にはしてしまわない様にしてください。

結婚祝いに何かを贈りたいけれど何を贈ったら良いのかわから無いという人とで、一部の人はカタログギフトなどを使ったりもするようです。

逆に結婚式に来てくれた方などに贈るという事もあるようですが、どうしてそういうのが選ばれるのかというと、多数の方にお礼として贈る場合が、または多数の方から何かを送られるであろう場合に、自分が欲しいものを選んでもらえるという事と、それにプラスして贈られてくるものが被らないという利点があると思います。

もしも贈るもので悩んでいる場合は、上手く利用してみると良いのではないでしょうか。評判がいいのは「カタログギフト割引の木村陶器 楽天ショップ」

中国の反日デモ(暴動)が日に日にエスカレートしています。
今日は80都市に拡大し、広東省広州では、日本総領事館の入っている
施設の前に数千人のデモ隊が集まり、
一部が警察の制止を振り切って建物の中になだれ込み、
1階のロビーなどでガラスを割るなどしたとのこと。
どうも中国の若者を中心とする一般大衆の不満のはけ口に、
反日運動が利用されているようですね。
さて、茨城県にすんでいる従兄弟から、快気祝が届きました。
骨髄癌を病んでいる上に、この夏某駅の階段で転んで骨折、
ようやく退院の運びとなったようです。
快気祝の品はカタログギフトでした。
かなりの厚みのあるカタログです。
何件に送ったのかは知りませんが、
快気祝のように個別に配送をするお返しには、
カタログギフトはうってつけかもしれませんね。
いらないようなものを送られても困りますし・・・。
中国の反日デモは次のような報道もありました。
河北省喩州でも9月15日に反日抗議デモが組織化された。
指導していたのは当地の交通警察支部隊の隊長だった(博訊新聞網、9月16日)。
どのようなお国の事情があるにせよ、
これでは世界第二位の経済大国の名が泣くというものです。

記事紹介

子供の名前を覚えるために
カタログギフト<ル・クルーゼ>
カタログギフトで自由に選ぶこと

枝雀師匠の「不動坊」
例の心の病が治ってしばらくの頃でしたけど、文字通り大自然に身をゆだねるという感じで、
たいそう気持がよかったですよ。

今の法律では、亭主が死んでも六か月間は再婚できないというようになっているらしい
のですが、昔はこの噺のように割合すぐに嫁入りしてたんですね。死んだ人には気の毒な
ような気もするけど、生きてる者の生活が先やという考えです。この噺、「不動坊一と題
してあるんですけど、タイトル・卩1ルの不動坊の先生は一べんも登場しません。はじま
ったとたんタイトル・ロールが死んでいる例は他に「らくだ」がありますが、こちらのほ
うは死んでからもカソカソノウを踊ったり大活躍するのでまだ浮かばれます。不動坊の先
生のほうは、化けて出るのまで代演をたてられてるんですから立つせがないですよ、ほん
まに。

Powered by WordPress | Theme by RoseCityGardens.com