仏教の場合、人が亡くなると7週間の間、7日ごとに供養する法事という行事を行い
故人の冥福を祈る儀式を行う事が決められています。

法事には、初七日・7回目の四十九日・一年後の一周忌と
大きな区切りの時に法事を行っています。

初七日は、葬儀の日や納骨の時に行う事が一般的になってきました。
四十九日の法要は、満中陰とも言われており、とても重要な法事で
親戚や親しい知人などを招いてお坊さんに読経してもらい、
その後に食事会などを開きます。

一周忌で、納骨する人も多いですが、一周忌でも親戚や知人などを招きます。

法事に招いた人には、引き出物を贈るのがマナーとなりますが
一世帯で1個の品物を用意し、法事の引き出物は派手にならない
物が理想と言われています。

品物選びに迷う人も多く、カタログギフトを利用する人も大勢います。

カタログギフトは、目的に合わせた種類のギフトを選ぶことが出来ますので、
法事に適したカタログギフトを贈る事が出来ますので、
贈る方も貰う方にとっても最適な品物と言えると思います。

のしや包装、満中陰志挨拶状もきちんとしていますので、利用しやすく
サービスなども多いので多くの人が利用しています。

マナーなどが分からない場合でも、きちんとのしや包装などもして
貰えるので非常に便利です。

Leave a Reply

Powered by WordPress | Theme by RoseCityGardens.com