結婚や出産など人生の節目にはお祝いとお返しがついて回ります。
以前は内祝いといえば、結婚の場合は食器が選ばれることが多かったように思います。
名入りの茶碗などはずっと前の時代で、少し前までは実用的なお皿のセットなどを
いただくことが多くありました。
一般の内祝いではタオルやシーツ、石けんが主流でした。
実用的ではありますが、タオルやシーツは頻繁に新しくするものではありませんし、
石けんもボディーソープを使うようになってからは持てあましてバザーの常連でした。
最近はカタログギフトをいただくことが多く、欲しいものが選べるという自由が嬉しいですね。
せっかくいただくものですから、気持ちよく使えるものがありがたいです。

赤ちゃんの命名札を写真入りで無料作成してくれるカタログギフト割引の楽天ショップもありますよ!

このカタログギフトショップさんでは、毛筆揮毫の命名札もサービスですね。

カタログギフトの奥田シェフのレシピ
カタログギフトの弥左衛門窯
カタログギフトの風呂敷

 

Leave a Reply

Powered by WordPress | Theme by RoseCityGardens.com